第二新卒の面接で質問に何と答える?あくまで私のケースですが・・・

34歳、男、現在はファンドマネージャーの仕事に就いています。

第二新卒は学校を卒業したのち、主に長くて3年以内に離職し、そのあとの就職先を探す人の事を言います。

企業側としてみれば、「脛に傷を持っている」とは思いつつも主に「会社に問題があったのではないのか?」とか「会社がこの人物を最大限の力を引き延ばせなかった結果、辞めたり、首にしたりしたのではないか」と言ったように、「会社側の問題で今の状況にあるのではないか」という、言い方を変えればお情けで採用するケースがあります。
“第二新卒の面接で質問に何と答える?あくまで私のケースですが・・・” の続きを読む

第二新卒の転職理由は自分を否定しないこと!

私は大卒の20代にして異業種への転職を3回しました。

異業種への転職は、転職理由を考えるのも、聞かれた時に相手に納得させる答えをするのも難しいことだと思います。

それゆえに「なんでこの仕事を選んでしまったんだろう…。」「希望職種との関連なんて思いつかない」と自分を責めたり、気分が沈んだりします。

私がそうでした。

私は国立大(理工系)→お菓子職人→税理士事務所→一般企業経理→以下略と無茶苦茶な経歴です。

本音で言えば、その仕事を選んだ理由なんてないんです。

強いて言うなら生活のためです。

しかし冒頭で述べたように、求められるのは【正当な理由】です。

でも、経歴が特殊なだけにネットで転職理由を調べても出てきません。

誰の意見も参考にならないのです。

ただ、私にとっては、これが幸いでした。

それは【誰とも理由がかぶらないから】です。

まず、理系大学卒業後、お菓子職人になったのは、就職氷河期だったからです。

普通に就活に失敗したんです。

でも生活がかかっている、だから家の近くで募集していたお菓子の製造の仕事を始めたんです。

でも、転職の面接では、このときのことをこう言いました。

「私は実験が好き(国立理系卒)。お菓子作りは化学反応だから。」菓子職人から税理士事務所への理由は、「休み返上で働き続けているのに、トータル赤字になる、と社長が言う。なぜなのか?人件費?原価?と考え、経理(簿記)に興味を持ったから」税理士事務所から一般企業経理のときは「異なる業種の経営状況を見てアドバイスするのではなく、一つの企業の中に入り、より専門性の高い知識を経て、ゆくゆくは内部から無駄を省くにはどうするか?などを考えたい」と。

異業種への転職を考える時に、足枷になりやすい現職(前職)に就いていたとしても、決して自分を否定しないでください。

何の因果か今私が働いてる会社の上司(元面接官)は、私が過去に働いていた会社の取引先でした。

「あの過酷な環境で耐えることができた人間だから」と私を採用したと言っていました。

第二新卒は強いです。

変に職歴もついておらず、若く、素直で成長の余地があります。

数年の職歴で勝負しようとしないでください。

それを足枷とも思わないでください。

新卒ほどまっさらではないけど、社会常識、敬語の使い方、電話対応、マナーなどの実績があります。

がんばってください。

面接で前職の不満は厳禁。第二新卒就活での失敗談です。

私は現在24歳で大学卒業をして、すぐに働き始めたので、社会人3年目です。

大学時代、公務員を目指しており、公務員講座を受け、勉強に励んでいましたが、公務員試験に落ちてしまい、大学卒業をしても公務員の勉強をするというのが、少し嫌になり、歯科医院の受付で正社員として、働き始めました。

やはり、普通に就職活動をして、企業に勤めた方がもちろん給料もいいですし、憧れはありましたが、就職活動を始めた頃には、いい企業は、募集していなかった為、しぶしぶ歯科医院の受付として働いていました。
“面接で前職の不満は厳禁。第二新卒就活での失敗談です。” の続きを読む

転職の理由がネガティブであっても最大の強みに変えるテクニック

転職するまでに至った理由は人それぞれかと思いますが、現在の職場・仕事に対して何かしらの不満がある方も少なくないと思います。

履歴書や面接で志望動機や自己アピールを聞かれたときに、その「不満」の部分が少しでも垣間見えると良くないかなと思います。

例えば今現在の職場で1人で色々な業務に関わっていかなければならず仕事量が多すぎてしんどい、といった場合があるとします。
“転職の理由がネガティブであっても最大の強みに変えるテクニック” の続きを読む

転職の履歴書 未経験の業種でも採用される書き方とは?

現在は主婦の私ですが、過去に転職を2度行った経験がある者です。

転職経歴は、飲食業界→教育業界→健康食品業界です。

一見繋がりのない経歴に見えますが、履歴書の書き方や面接での対応で異業種でもやりたいことを仕事にすることができました。
“転職の履歴書 未経験の業種でも採用される書き方とは?” の続きを読む

第二新卒ならではの強みをアピールするのが成功の鍵!

第二新卒というと一般の社会人よりも経験が少なく、新卒よりも社会を知っているという特徴があるでしょう。

では、この特徴をどのように生かして就活をしていけば良いのでしょうか?

第一の特徴としてあげられる社会人よりも経験が少ないというのは短所でしょうか?
“第二新卒ならではの強みをアピールするのが成功の鍵!” の続きを読む

転職活動や面接で失敗しやすい人の共通点2つ

転職で失敗してしまう人の共通点、それはずばり、記憶力がよく真面目で人の期待に応えすぎる人だと思います。

恥ずかしながらかくいう私もその一人です。

なぜ、記憶力と関係するかといいますと、記憶力がいいと人間関係に良くも悪くも影響が大きいです。
“転職活動や面接で失敗しやすい人の共通点2つ” の続きを読む

転職する理由を明確にしなければ失敗を繰りかえす。

転職で失敗してしまう人の特徴は、なぜ転職したいのかその理由が明確ではない点を挙げることができます。

もちろん給料の面や休日日数のことを考えて他の会社に移ることを希望するのは悪いことではないですが、採用する企業の側からしたらそれが目当てで来られても困ります。

待遇の面も含みつつその企業に入って何がしたいのかそれがはっきりしないと、採用する側としても働いてもらおうとは思わないのです。
“転職する理由を明確にしなければ失敗を繰りかえす。” の続きを読む

転職の面接でこれはNG!失敗してしまう人の特徴について

転職するには新たに自分の事を1から知ってもらう必要があります。

そして、一番重要な事はその企業で自分がどんな風に働きたいか、またどのぐらい企業の力になれるかが重要になります。

転職で失敗してしまう人の特徴としては、まず面接で偽りのない履歴書や経歴書の提出が出来ない事が多いです。
“転職の面接でこれはNG!失敗してしまう人の特徴について” の続きを読む