第二新卒での就活で妥協はダメ!企業選びを徹底的にした方が良い理由。

第二新卒の見方には二つ、”外的要因”と”内的要因”があると思います。

外的要因は、『気に入った求人が無かった』、『周りにも第二新卒で求職する人がいた』、『内定を取り消された』等です。

新卒で就職しなかった理由を、何であれ他に求める事です。
“第二新卒での就活で妥協はダメ!企業選びを徹底的にした方が良い理由。” の続きを読む

第二新卒就活は早い方が良い?卒業後スピード重視で行動したら?

在学中の就活は、準備不足によって志望している業界の企業から内定を得ることができませんでした。

何となく応募した企業からは内定をいただきましたが、絶対に入社したかったわけではないため、辞退しました。

結局、卒業してからも就活を継続する形にしましたが、第二新卒就活を成功させる自信はなかったです。
“第二新卒就活は早い方が良い?卒業後スピード重視で行動したら?” の続きを読む

第二新卒での就職活動時期は早くから始めると良いって本当?

年齢が一緒の同期が多かったり、条件の良い企業が多かったりなど、新卒で就職すればベストな形で社会人生活をスタートさせることができます。

しかし、理想的な企業を見つけられない場合や志望していた業種や職種の企業から内定を得られなかった場合、無理に就職するのは間違いではありませんが、働き始めてから後悔する可能性があるのでストレートでの就職は諦めて第二新卒で入社することを考えるべきです。

第二新卒での就活を成功させるためには、早く活動を始めることが大事です。
“第二新卒での就職活動時期は早くから始めると良いって本当?” の続きを読む

第二新卒での就活は面接対策を重点的に行いました。その結果は?

私は大学生の時に就活をしていた時に1社も内定が取れずに卒業してしまいました。

同級生の中にはどうしても行きたい企業や業種があるからという理由であえて第二新卒で就職活動を行うという人もいたのですが、私の場合は面接時にうまくコミュニケーションが取れないという理由でほぼ全ての入社試験に落とされてしまった、いわゆる能力不足から第二新卒での就活を行うことになったのです。

どの企業も書類選考や筆記試験については通過していたので、とにかくコミュニケーション能力を身に着けたいと思って、民間の就活セミナーの面接対策講座を受講することにしました。
“第二新卒での就活は面接対策を重点的に行いました。その結果は?” の続きを読む

第二新卒で一緒に働きたい人に求めるものって?退職、既卒の強み。

私は中小企業で採用面接を担当しています。

第二新卒の方となると、一度就職したものの何らかの理由で会社を辞めた人か、就職先が決まらないまま卒業した人のどちらかと思います。

前者は会社に勤めた経験があり、後者は会社に勤めた経験がない。
“第二新卒で一緒に働きたい人に求めるものって?退職、既卒の強み。” の続きを読む

就活では一緒に働きたいと思われるかが大事。結局、基本は常識です。

大学卒業後の3年間、家庭の事情で働くことができず、アルバイト以外にこれといった就業経験のないまま、25歳で人生で初めての就活をすることになりました。

3年間のブランクをどう乗り越えるかが私にとって鍵でした。

会社が何を求めているのかというのは、常識を持ち合わせている人だということがわかりました。
“就活では一緒に働きたいと思われるかが大事。結局、基本は常識です。” の続きを読む