履歴書は送付の仕方で差がつく!出来る人の作法がこちら

履歴書を書くときの注意点として、様々なサンプルがインターネットにはありますが、送付方法にも気を使って、他の人と差をつけましょう。

履歴書は、送付までが大事です。

丁寧な字で記入し自分をアピールすることは大前提ですが、封筒の書き方、書類を同封する際の入れ方、郵便局の消印の日付、これを全て気にすることがとても重要です。
“履歴書は送付の仕方で差がつく!出来る人の作法がこちら” の続きを読む

読まれる履歴書・職務経歴書を書くための4つのポイント

私も何度か転職を繰り返していたのですが、転職に1番大事なものは履歴書、職務経歴書です。

何故なら転職成功へのきっかけ作りだからです。

しかし、じっくりと履歴書や職務経歴書を見てくれる企業は現実的には少ないかと思います。
“読まれる履歴書・職務経歴書を書くための4つのポイント” の続きを読む

転職の理由を履歴書に書くときの大事なポイント

転職前と転職希望の職種が同じであれば、転職前にしていた仕事の業績や取得した資格をアピールするといいです。

そして、それが転職先でどのように生かせるかと言ったことを書き添えると良いと思います。

例えば、福祉関連業で特別養護老人ホームからデイサービスへ転職する場合は、担当したイベントや日中活動について、高齢者の方の介護をして学んだこと、介護資格を持っていればどうしてその資格を取得したのか、これまでの経験を今後どのようにして生かしていくかといったことを書いてあると良いでしょう。
“転職の理由を履歴書に書くときの大事なポイント” の続きを読む

履歴書のサイズはB5とA4どちらを選ぶ?手書きのほうがいいの?

履歴書は企業からすると、採用可否の判断をする大切な書類です。

職務経歴書をきちんと作成していても、履歴書の書き方に手を抜いているとそこで判断が決まることもあります。

履歴書の第一印象が悪ければ添付書類すら見てもらえないこともあるそうです。
“履歴書のサイズはB5とA4どちらを選ぶ?手書きのほうがいいの?” の続きを読む

転職の理由がネガティブであっても最大の強みに変えるテクニック

転職するまでに至った理由は人それぞれかと思いますが、現在の職場・仕事に対して何かしらの不満がある方も少なくないと思います。

履歴書や面接で志望動機や自己アピールを聞かれたときに、その「不満」の部分が少しでも垣間見えると良くないかなと思います。

例えば今現在の職場で1人で色々な業務に関わっていかなければならず仕事量が多すぎてしんどい、といった場合があるとします。
“転職の理由がネガティブであっても最大の強みに変えるテクニック” の続きを読む

採用担当者は履歴書のどこを見ているのか?おしえます!

履歴書作成の仕方ですが、デジタル社会が普及している中パソコンで打つのも正確で分かりやすいです。

しかし、出来るのなら手書きの方が相手に想いが伝わりやすいと思うのです。

字は人を表す、普段の生活から考えても本当に大事なことを相手に伝えたい場合、ただ画面を打つより直筆の方が心が込められていると感じます。
“採用担当者は履歴書のどこを見ているのか?おしえます!” の続きを読む

転職で自己アピールできる履歴書はこう書く!

転職をするということは、前職においてどのような経歴があり、どのように新しく応募する会社の仕事に役立つのかを相手に伝わりやすく、読みやすくアピールすることが大事だと思います。

たとえ、業種や分野が違ったとしても、前職でつちかった能力が生かせることを十分にアピールできることも大事です。

ただし、アピールをしたいがために、相手が読みづらい文章、長すぎる文面になってしまうことは、忙しい採用担当を煩わせてしまいます。
“転職で自己アピールできる履歴書はこう書く!” の続きを読む

転職したい人に役立つ履歴書の書き方とポイント

履歴書において大事なのは、新しい職場にてどのような力が発揮できるかを伝えることが非常に重要です。

過去のお仕事の経験を、新天地で発揮できる内容を志望動機等で十分伝えることが、まず重要であり、相手側に伝わらないといけません。

確かに過去の経歴等は大事ですし、企業側もポイントとしてチェックしてきますが、過去の経歴は書き換えることはできませんので、自己PR欄でのアプローチを充実させて提出しましょう。
“転職したい人に役立つ履歴書の書き方とポイント” の続きを読む