第二新卒のアピールポイントは1つ!明るい未来のために準備する事。

第二新卒の人を採用したい企業にとって、一番重要視する事はいかにフレッシュな人物か、という事だと思います。

第二新卒と呼ばれる年代で経験している仕事の質なんてたかが知れていますし、ビジネスマナーに期待する程度だと思います。

第二新卒ではフレッシュさを前面に押し出していくべきです。
“第二新卒のアピールポイントは1つ!明るい未来のために準備する事。” の続きを読む

第二新卒での就活で妥協はダメ!企業選びを徹底的にした方が良い理由。

第二新卒の見方には二つ、”外的要因”と”内的要因”があると思います。

外的要因は、『気に入った求人が無かった』、『周りにも第二新卒で求職する人がいた』、『内定を取り消された』等です。

新卒で就職しなかった理由を、何であれ他に求める事です。
“第二新卒での就活で妥協はダメ!企業選びを徹底的にした方が良い理由。” の続きを読む

第二新卒就活は早い方が良い?卒業後スピード重視で行動したら?

在学中の就活は、準備不足によって志望している業界の企業から内定を得ることができませんでした。

何となく応募した企業からは内定をいただきましたが、絶対に入社したかったわけではないため、辞退しました。

結局、卒業してからも就活を継続する形にしましたが、第二新卒就活を成功させる自信はなかったです。
“第二新卒就活は早い方が良い?卒業後スピード重視で行動したら?” の続きを読む

第二新卒に求めるものとは?新卒との差で意識すると良いところ。

第二新卒に採用側が求めるものは何かということについてです。

基本的には新卒と変わりないでしょうが、やはり少なからず社会に出た人間のアドバンテージというものを期待されると思います。

例えば、報告・連絡・相談がしっかりと。
“第二新卒に求めるものとは?新卒との差で意識すると良いところ。” の続きを読む

第二新卒での就職活動時期は早くから始めると良いって本当?

年齢が一緒の同期が多かったり、条件の良い企業が多かったりなど、新卒で就職すればベストな形で社会人生活をスタートさせることができます。

しかし、理想的な企業を見つけられない場合や志望していた業種や職種の企業から内定を得られなかった場合、無理に就職するのは間違いではありませんが、働き始めてから後悔する可能性があるのでストレートでの就職は諦めて第二新卒で入社することを考えるべきです。

第二新卒での就活を成功させるためには、早く活動を始めることが大事です。
“第二新卒での就職活動時期は早くから始めると良いって本当?” の続きを読む

第二新卒での転職理由は嘘をついてはダメ?好印象を持たれるコツ。

私は大学卒業後に就職しましたが、1年で退職して転職しました。

理由は、最初に入った会社が自分の希望する会社ではなく、就職しなければならないという理由で入社してしまったからです。

転職する際、履歴書を書く必要がありますが、嘘は絶対に書きません。
“第二新卒での転職理由は嘘をついてはダメ?好印象を持たれるコツ。” の続きを読む

第二新卒で失敗を変換して伝える方法。成長をアピールするには?

第二新卒者は、新卒者に比べてとても有利だと感じています。

それは、直近の自分の経験談から分析力、改善力を伝えることができるからです。

なぜ新卒採用で失敗したのかを自分なりに分析し、そこからこのように改善して第二新卒者として今回の採用試験にチャレンジしていると伝えられます。
“第二新卒で失敗を変換して伝える方法。成長をアピールするには?” の続きを読む

新卒と第二新卒の違いって?採用の確率をグッと上げるには?

第二新卒と新卒の就職活動は大きく違う点が1つあります。

それは「経験」です。

新卒の場合は経験というとほとんどがアルバイトの経験ですが、第二新卒の場合は社会人として正社員・契約社員などで働いている人がほとんどですから、それをアピールしない手はありません。

といっても経験年数が少ない場合はあまり過剰にアピールするのも「自信家」とマイナスな判断をされかねませんので、適度なアピールが必要です。

退職理由は必ず聞かれるので、「こういう仕事がしてみたいと思った」「もっとチャレンジしたいと思った」など前向きな理由を考えておく必要があります。

第二新卒の方は、何といっても新卒の方に近い「若さ」を持っていますから、20代後半や30代の人に比べて圧倒的な伸びしろを持っていますし、日本では断然有利です。

新卒の時に就いていた仕事を通して学んだこと、見えてきた自分の課題、できるようになったこと、などをきちんとまとめておいてわかりやすく説明することが必要です。

それに加え、「これからどう成長していきたいか」という展望をしっかり語って、他のキャリア転職の人に負けない「やる気」をアピールすると好印象です。

日本の会社は「自分の会社の色(社風)に早く染まってほしい」という気持ちがかなり強いので、若ければ若いほど、転職回数が少なければ少ないほど採用したがります。

求人をよく読み、しっかり企業研究をして「どんな社風で、どんな人をほしがっているか」を冷静に分析して、「この会社が欲しがっている人物」になりきると採用される確率がグッと上がります。

第二新卒での面接時に必要なのは辞めた理由?ポジティブがカギ?

第二新卒で新たな会社への入社を検討されている方は必ず面接で聞かれるであろう、「前職を辞めた理由は何ですか?」という質問へのアプローチを考えてみましょう。

ここのアプローチがうまくいけば第二新卒でも入社の可能性が上がります。

逆にここがうまくいかなければ、どんなに他の質問がうまく答えられたとしても厳しい状況になります。
“第二新卒での面接時に必要なのは辞めた理由?ポジティブがカギ?” の続きを読む