職務経歴書の自己PRは語尾ひとつで印象がガラリと変わる

職務経歴書とは、履歴書では書ききれない自身の過去のキャリアについて説明するためのものです。

ボリュームはA4サイズの原稿用紙1~2枚程度が目安となります。

主な記載内容は、「職務経歴」、「資格・自己啓発」、「パソコンスキル(応募職種に関係がある場合)」、「自己アピール」などで、面接時に面接官から自身のアピールポイントについて質問してもらえるような内容にまとめるのがおすすめです。

また、応募する企業や職種によって求められるスキルが異なりますので、どの企業にも同じ職務経歴書を提出するのではなく、応募する企業や職種にあわせた内容にその都度修正を加えていくことも必要となります。

具体的な記載内容ですが、「職務経歴」については、就職していた期間・企業名・企業の基本情報(事業内容・従業員数・資本金など)・自身の担当業務の内容などを手短かにまとめるようにします。

担当業務については具体的に記載し、自分がどのような成果をあげたのかをアピールします。

そして、「自己PR」については、仕事に取り組む上での姿勢や価値観についてアピールするようにします。

例えば、これまでの職務経験でどういったスキルを得てその経験を今後どのように活かしていきたいと考えているのか、あるいは、自分の前向きで明るい性格がどのようにこれからの職種に活かせるのか、などについて簡潔にまとめます。

記載にあたっては「活かしていきたいと思います」「活かせると思います」といった曖昧な表現を使用せず、「活かしていきます」「活かすことができます」と断定した表現を使うほうが強くアピールできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です