職務履歴書は手書きのほうが熱意が伝わるもの?

転職したい方が職務履歴書を書くには、自分の発揮できるスキルをアピールすることも大事ですが、読む相手の立場になって、考えることも大事だと思います。

自分をアピールしたいがために長々とこれまで携わってきた業務を書き込んでも、忙しい相手が全てを読んでくれるかどうかはわかりません。

かといってあまりに端的、箇条書きのようなことでは相手に伝わらないこともあります。

できるだけ完結に、でも相手に分かりやすい文章で、複雑なことを長々と書くことは避ける方が賢明かと思います。

今はパソコンでワードなどのフォーマットを使って書くことも多いですが、できれば本気で転職したくて受ける会社なのであれば、手書きできれいに書くことをおすすめします。

ワードで下書きをしておいて、保存しておけばいつでもそれは使うことができますので、本気のところは読みやすい字で心をこめて書きましょう。

熱意を伝えることが大事です。

ワードで提出するのは、あちこちに職務履歴書を出しているのが意図しなくても伝わってしまいますし、手書きで読みやすい字で書けば、本気度が伝わることもあります。

ただし、誤字脱字をしていないか見直すことが重要です。

綺麗に書いても、誤字脱字が多いと、これはワードでも同じことですがいい加減に書いていると思われてしまうかもしれません。

自分が採用担当者になったつもりで、相手の立場を想像して書いてみましょう。

相手が読みやすく、自分のスキルをアピールできる職務履歴書にして有効に活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です