履歴書に誤字があると落とされる?転職者は特に注意するべき理由

まず、履歴書を書く上では基本中の基本ですが、一文字一文字丁寧に誤字脱字のないように気を付けることがとても大切だと思います。

面倒でも一度鉛筆で下書きして、その上からボールペンで書くとより綺麗に仕上げることができると思います。

綺麗にバランス良く書くことによって見た目が良くなるだけでなく、履歴書の書き手に対し丁寧に仕事ができる印象を持ちます。

誤字脱字に関しては絶対にあってはならないミスです。

転職するということは、一度は社会人経験があるということですから、どんなに若くてもプロフェッショナルとして見られています。

なので、履歴書に誤字脱字があるとツメが甘い印象を与えてしまい、仕事の際にもささいなミスを繰り返すのではないかと思われてしまいます。

その他に、転職の際は職務経歴書が重要です。

以前どの会社でどの部署に所属し、どんな業務をしていたのか、またどんな功績を残してきたかをわかり易く簡潔に記載します。

転職の際は企業側も即戦力として既に知識のある人材を求めることが多いので、職務経歴をわかり易く記入すると、ニーズが合えば企業側の目にとまると思います。

職務経歴は自分自身が社会人として実践してきことをアピールする欄なので、資格の欄よりも重視されることが多いです。

また、自己アピールの欄には転職したいと思った理由を書くのも良いと思います。

ただし、たとえ前職を辞めた理由が他にやりたいことがあったからとか、お給料や労働条件が合わなかったなどでも、正直に書かず、転職することでステップアップしたいとか、前職でしてきてことを活かし転職先でもっと大きなことに挑戦したいなど、前向きな気持ちで転職することをアピールすると良いと思います。

さらに、自己アピールを書くときは漠然とただステップアップしたい、ではなく、具体的に前職でこういう事をしてきてこう感じたから、転職先でこういうことに挑戦したいなど、エピソードなどを書いて説得力を持たせると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です