職務経歴書のフォーマットとアピールすべきポイントとは?

職務経歴書の目的は良いままでどういった会社でどういった仕事についてどういう能力を発揮してきたかをアピールするもので、用紙はA4白無地を縦に使い横書きで、枚数は基本1~2枚で多くて3枚まで。

職務経歴書は自由な様式であり、レイアウトも大きなアピールポイント。

パソコンで作るときは本文を10.5~12フォントにして、本文フォントスタイルとサイズは統一し、行間も十分取ります。

職務経歴書のなかでの統一はもちろん、履歴書や封筒などほかの応募書類とも西暦や和暦をそろえてください。

私が転職コンサルで数々の対策支援する応募者から何百と受ける相談がテンプレートやフォーマットを教えてください問うもの。

履歴書は学歴、職歴など応募者の人物像を伝えるのに対してこれは具体的な業務知識や能力をアピールします。

時系列にその時々の業務内容をまとめる形式が編年体式で、一目で経歴がわかります。

経歴を職務分野別にまとめて維持するのがキャリア式で、担当業務がはっきりしてる技術職の方やスペシャリストの方に向いてます。

主語をつけないで箇条書きにしてどういった規模の案件にどういう役目で参画してどういう方法でどれぐらい実績を残したか記述することで、景気低迷してる時期どういう実績を残したのかが注目されます。

第2新卒など経験が浅い方は研修も立派なアピール材料になって社長賞など社内表彰歴や、売上高など誇れるものがあるとぜひ積極的に書き加えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です