第二新卒就活の方法はこれでうまくいく!目からウロコの戦略とは?

面接は受けせっかく就業したのだけれど、慣れない環境や上司や社長からの発言がストレスの原因になって会社を辞めてしまった。

そんなあなた。

問題ありません。

社会ではそのような方々を第二新卒就活と呼んでいます。

しかし、現企業の多くはそんなあなた方を力を強く求めていると言うのをご存知でしょうか。

現代では入社して3年で退社、半年で退社、もっと早いと3ヶ月で退社してしまう人はとても多くいらっしゃいます。

それをとてもネガティブにとらえ、なかなか次に踏み出せないという方がとても多いのが現状です。

ですが第二新卒就活は、実はとても有意義で有り、今後の人生においてとても大切な事なのです。

ここでは、その理由と次の職場を見つけるためのコツをお伝えします。

まず第二新卒就活が有意義な理由は、前に就いていた会社がどのようなものであったかを自分自身が体験し、自分の能力や性格が社会的にどのようなものかを身を持って理解しているからです。

これは次の職場を探す事に大きく役立ちます。

例えばあなたが事務関係の仕事に就いていたとします。

確かに事務と言えば、最初に浮かぶ印象しては、清潔なオフィスでパソコンと向き合いデータを入力し、速やかに仕事をこなせば定時で退社。

そんなイメージがあります。

しかし、現実の事務では大量の書類を持ち運び電話応対は当たり前。

休憩時間でも電話対応。

そんな事が積み重なってつらく憂鬱な気分になって退社を選ぶ。

しかし、次の職場を探そうにも同じような仕事となると面接まで行っても前の職場がトラウマなのか、なかなか踏み出せない。

こういった方が多くいらっしゃいのが現状と言えます。

そこで、再就職する為のコツについてお伝えしましょう。

それは「前の職場とは全く違った方面の仕事に就業する。」たったそれだけです。

そして、そんな人材こそ現在の企業はとても欲しがっています。

それはなぜかというと、高齢化する企業の中で、第二新卒就活をしている人材は、他社でのノウハウを持ち合わせている人物。

募集をかけている企業がそう思うのは自然な事です。

つまり、前の経験をそのまま活かさずむしろ逆手にとってみましょう。

事務であれば工場。

工場であれば事務。

必要なら資格を取るなどして企業へやる気を見せる。

そうすることで新しい会社選びもとてもスムーズに行くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です