転職を成功させるための心構えは謙虚と感謝

転職をうまく成功させるためには転職する理由が大きく関わってくると思います。

転職理由に今の勤め先に不満がある。

と言っても様々な不満がありますが、その不満は自分自身ではなんとかできない事なのでしょうか。

例えば、給与が安いのでもっと給与の高い会社に勤めたい。

これは多くの方が思うことだとおもいますが、自信のスキルが見合っているのでしょうか。

給与の高い職業や会社の中で、楽な業務はほとんどないはずです。

歩合があるということはノルマがあったり、ノルマがなくとも自身をふるい起こして勤める必要が出てきます。

規則に沿って業務をすすめるよりも、自由な時間が多く規則も自由なことが多いですが、自由ということは管理する自身の責任があることを自由の経験の無い方にはイメージしずらいかもしれません。

勿論、自己管理やスケジューリングが得意で自由な体勢の方がスキルを発揮できる方も多くいますが、自身を分析ができている人はかなり少ない様に思います。

転職の成功者の話を聞いたり、自分で感じた事の中で最もわかりやすく、成功する秘訣だと感じたことがひとつあります。

それは”前向きな転職活動であること”です。

もっと仕事をがんばりたい。

今までの経験を活かし、少しスキルに自信がもてたので少し上のランクに挑戦してみたい。

少しハードになるが、がんばってみたい。

このような前向きな意識の転職であれば、転職に失敗したということを防げるとおもいます。

防げると言うより、成功したと感じることができるのかもしれません。

現在の会社や業務に対して不満がある場合、自分はもっと評価されるべきだ!

こんなレベルの低い所で働きたくない!

このような意見が多いと思いますが、一度、自分自身を客観的に見てみることが重要だと思います。

この冷静さがあれば、自分の欠点を見直し謙虚な気持ちで業務に遂行でき、また小さな事へも感謝の気持ちを持てる様になると思います。

日頃のそういった、人としての気持ち良さが転職活動にも響き、きっかけは不満から始まった転職活動も前向きな意欲へと変わるのではないでしょうか。

人と人とのつながりが大前提にある転職活動。

採用側を考えると、不満を持ってきた人より、前向きな人材が魅力的ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です