第二新卒での就活で妥協はダメ!企業選びを徹底的にした方が良い理由。

第二新卒の見方には二つ、”外的要因”と”内的要因”があると思います。

外的要因は、『気に入った求人が無かった』、『周りにも第二新卒で求職する人がいた』、『内定を取り消された』等です。

新卒で就職しなかった理由を、何であれ他に求める事です。

内的要因は、『他にやりたい事があった』、『就職したくなかった』、『働く必要が無かった』等です。

就職しなかった理由を自分に求める事ができます。

第二新卒で求職する人の理由はこれらの要因を”いくつか”踏まえていると思えます。

まず、採用側の捉え方を置いておけば、そこには自分自身に『なぜ、第二新卒でも就職したいのか?』という疑問に答えなくてはいけません。

だけど、無理に『自分は〇〇だから』と決める事はないと思います。

働く理由が人それぞれにあるように、働かない理由も人それぞれです。

理由など後から考えたら良いのです。

だから、求人先の希望には徹底的にこだわりましょう。

給料、待遇、将来性。

貴方が『第二新卒だから働きたい!』と思える職場かどうか、徹底的に厳選しましょう。

バイトなんかで潜入して職場の雰囲気を見るのも良いのですね。

第二新卒はついつい『働けるならば、どこでも…』と卑屈になりがちです。

この『どこでも』という感覚は、後々必ず後悔をよびます。

後悔は嫌悪感をよび、その仕事への集中力、執着心を失わせます。

『こんな仕事…』なんて思ってしまうのです。

そんな後悔が出来ないように、『この仕事は俺が選び抜いて決めた仕事』と思えたら、石にかじりついてでも全うしようとするはずです。

未来の自身に都合の良い言い訳をさせないように今は”妥協せずこだわり”まくって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です