第二新卒を企業は求めている?どんな人がほしい?

就職氷河期は終わり、景気回復してきている現在、新卒採用の現場は混乱しています。

企業は、優秀な人材を確保するのが難しくなってきています。

また、新卒の予定人数を採りきれない企業も出始めています。

派遣で一時期はフォローできるものの、重要なポストについては企業側も自社の人材を育てて一人前にしたいという思いもあります。

その反面、新卒の30パーセントが3年も経たないうちに辞めてしまうということもあり、まさに第二新卒者にあたるこの世代が、企業にとっては足りなくなっているのが現実です。

新卒で企業に就職して定年まで同じ会社に勤める終身雇用、年功序列が崩壊しています。

企業の多くは、これらの廃止を検討しはじめているのです。

これまでは途中入社組、転職組など日本の会社内ではあまりいなかった人達が増え、そのスキルを認められて、より働きやすくなってきています。

そんな中、第二新卒者は、企業にとってはありがたい存在です。

過剰な即戦力はなくとも、ある程度の社会人の常識をわきまえ、また新入社員のように一から手取り足取り指導しなくてもいいからです。

また、前の企業で専門的な分野にいればさらに重宝されるでしょうし、大学の分野と違う部門でがんばっていれば、その挑戦力を買われることもしばしばです。

AIが目覚ましい発展をとげ、人間の単純作業の仕事が減り働き方改革が叫ばれている今、同じ会社で、同じカラーで定年まで続けるのではなく、より専門的なスキルを持った人間が生き残る社会にうまく適応していく能力を持った人間が必要になってきているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です