第二新卒での就職活動時期は早くから始めると良いって本当?

年齢が一緒の同期が多かったり、条件の良い企業が多かったりなど、新卒で就職すればベストな形で社会人生活をスタートさせることができます。

しかし、理想的な企業を見つけられない場合や志望していた業種や職種の企業から内定を得られなかった場合、無理に就職するのは間違いではありませんが、働き始めてから後悔する可能性があるのでストレートでの就職は諦めて第二新卒で入社することを考えるべきです。

第二新卒での就活を成功させるためには、早く活動を始めることが大事です。

なぜなら、1歳でも若い年齢の方が応募できる求人は多いため、それだけチャンスが多い状況になるからです。

正社員を募集しているような企業は若い人材が欲しいので、応募者の年齢をしっかりとチェックしています。

そのため、第二新卒での就活は活動時期を早くすることによって若い年齢で企業へ応募可能となるので、採用されやすくなります。

私は新卒での就職を逃し、一年間は第二新卒での就活を実施しませんでした。

色々と迷っていた時期だったので、決して遊んでいたわけではありません。

しかし、そのことを面接の際に指摘されたことがあり、評価に影響することがわかりました。

ですから、早めに就職先を見つける気持ちで活動すべきです。

しかし、志望している業種や職種の企業が見つからない場合は待つことも大事です。

待つことで不安や焦りを感じるかもしれませんが、理想的な求人を見つけるためには待つ時間も必要です。

ただ、何もしないで待っているのはもったいないので、自分を磨くために行動したり、自己PRを見直したりなど、時間を有意義に使用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です