第二新卒で失敗を変換して伝える方法。成長をアピールするには?

第二新卒者は、新卒者に比べてとても有利だと感じています。

それは、直近の自分の経験談から分析力、改善力を伝えることができるからです。

なぜ新卒採用で失敗したのかを自分なりに分析し、そこからこのように改善して第二新卒者として今回の採用試験にチャレンジしていると伝えられます。

このような人は採用者にとって、とても育てがいのある人間像です。

企業側は新卒者、第二新卒者に即戦力というものは求めていません。

学習意欲があり、いかに成長する可能性があるかを見つけ出したいのです。

誠実性を伝えた上で、失敗談から学習意欲とチャレンジ精神をアピールすることで、かなりのポイントをつかめるはずです。

以下のようにお伝えしてみてはどうでしょうか。

1つ目に、目標について。

自分の人生の目標、どのような人間になりたいのか、この会社に入りたい理由を伝えます。

入りたい会社の事業に携わることで、自分の目標に近づくことができるということをアピールしましょう。

また、失敗した経験談を上手に伝えましょう。

先述の目標についてを考えたのは、分析力が不十分であったため新卒で失敗してしまったということを素直に伝えるといいです。

そこで、いくつかの企業の事業内容を調べたり、今の時代(高成長なのか低成長なのか)についてを調べてみた結果から、自分なりの目標と鑑みて第二新卒としてチャレンジしている。

このように企業にアピールすることで、失敗談(Disadvantage)をAdvantageに変換して伝えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です