新卒と第二新卒の違いって?採用の確率をグッと上げるには?

第二新卒と新卒の就職活動は大きく違う点が1つあります。

それは「経験」です。

新卒の場合は経験というとほとんどがアルバイトの経験ですが、第二新卒の場合は社会人として正社員・契約社員などで働いている人がほとんどですから、それをアピールしない手はありません。

といっても経験年数が少ない場合はあまり過剰にアピールするのも「自信家」とマイナスな判断をされかねませんので、適度なアピールが必要です。

退職理由は必ず聞かれるので、「こういう仕事がしてみたいと思った」「もっとチャレンジしたいと思った」など前向きな理由を考えておく必要があります。

第二新卒の方は、何といっても新卒の方に近い「若さ」を持っていますから、20代後半や30代の人に比べて圧倒的な伸びしろを持っていますし、日本では断然有利です。

新卒の時に就いていた仕事を通して学んだこと、見えてきた自分の課題、できるようになったこと、などをきちんとまとめておいてわかりやすく説明することが必要です。

それに加え、「これからどう成長していきたいか」という展望をしっかり語って、他のキャリア転職の人に負けない「やる気」をアピールすると好印象です。

日本の会社は「自分の会社の色(社風)に早く染まってほしい」という気持ちがかなり強いので、若ければ若いほど、転職回数が少なければ少ないほど採用したがります。

求人をよく読み、しっかり企業研究をして「どんな社風で、どんな人をほしがっているか」を冷静に分析して、「この会社が欲しがっている人物」になりきると採用される確率がグッと上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です