第二新卒での面接時に必要なのは辞めた理由?ポジティブがカギ?

第二新卒で新たな会社への入社を検討されている方は必ず面接で聞かれるであろう、「前職を辞めた理由は何ですか?」という質問へのアプローチを考えてみましょう。

ここのアプローチがうまくいけば第二新卒でも入社の可能性が上がります。

逆にここがうまくいかなければ、どんなに他の質問がうまく答えられたとしても厳しい状況になります。

それほどしっかり考えておく必要がある質問です。

結論からいうと、ネガティブイメージを持たれてしまうような回答をするのは採用担当者の印象を悪くします。

本当の理由がネガティブであっても、ポジティブな理由に置き換える必要があります。

例えば、休日が少ない会社から退社した場合の理由は、休みが少なかったからというダイレクトな回答ではなく、休みにしたいことを詳しく紹介し、それを実現するために転職を決意したと前向きな印象を持たれる回答を用意しましょう。

あるいは仕事の内容が原因で退社した場合は細かく状況を説明し、自分は何がしたいという意思をしっかり伝えましょう。

いずれにしても新卒採用や中途採用よりは状況が厳しいですので、自分がしたいこと、自分がこうなりたいということを入る会社の企業理念や経営方針とマッチさせないとなかなかうまく活動ができないかもしれません。

ですので、そういった会社のメッセージを正確に理解しておくことも採用への近道になるかもしれません。

自分の思いや考えを正直かつポジティブに伝え、会社のメッセージに合わせて話をすることが第二新卒就活の成功のカギだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です