DTPオペレーターに就職するためにしたこと。やりたい仕事を見つけよう

専門学校在学時に就職活動をしていましたが、周囲との才能の差、やりたい職業が自分にとって適正ではないことに気づいてから、就活中にも関わらずやる気がなくなり、そのまま卒業を迎えました。

卒業後も自分が就きたい仕事を見つからなく、何となくという気持ちでアルバイトをしていました。

それが半年ほど続き、何となくテレビを見ていたらDTPオペレーターの仕事を紹介する内容の番組を放送していて、元々似たような職種の仕事に就きたいと思っていたこともあり興味が出てきたので、早速仕事について細かい情報を調べてみました。

また、同時に未経験でも募集している求人を探し、何社か面接を受けました。

経験者はもちろんのことですが未経験でも学生時代に作った作品を持つことによって採用基準の材料にもなりますが、特に作品がなかった私には戦力にもならないことに気づき、ビジネススクールを通いながら知識とDTPスキルを磨きました。

スクールに通っている時にも求人を探し、それでも10社近く面接して合格を頂き、働くことができました。

未経験で働くのでスクールに通っていても1から学ぶこともありますし、同じ職種でも会社によってルールが違うことから覚えることが多いし、通いながら働くことの難しさも感じました。

ただ、やっとやりたい仕事を見つけたこともあって、大変だなと思うことでも前向きな発想で仕事に向きあることができたことから、何となく仕事をするよりもやりたいと思える仕事を見つけた後の方が、長く働き続けることができる自信が持てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です