第二新卒での就活のコツを3つ紹介!私が採用されるまでの道のり。

私は大学卒業後に働き始めた企業が合わず、わずか3ヶ月で退職してしまいました。

その後、第二新卒として就職活動を行い、現在の仕事を続けています。

当時の就職活動の内容を記したいと思います。

1つ目にしたことは、まずは大学に相談しました。

前職を退職した後、出身大学を訪れて就職先の募集について訪ねました。

大学の就職担当も親身になって聞いてくれるため、就職サイトや転職サイトに登録するだけよりもかなり有効であると感じました。

また、大学主催の企業説明会にも参加することで企業の情報を集めることが出来ました。

2つ目に、就職先の調査しました。

前述の通り、幾つか紹介してもらった企業のうち働きたい企業を決めたら、その企業の業界と業務内容を調査します。

これは、その企業に問合せたり、個別の説明会に足を運ぶなどして情報を集めました。

3つ目に、試験対策です。

企業の情報を集めた後、その中で自分が何が出来るか、何をしたいのかを具体的にイメージし、企業側に伝えることが一番重要だと感じました。

面接対策として、何を聞かれるかを予め予想しておき模範解答を作っておくなどの準備をしました。

大体100項目ほど考えました。

対策の効果として、7~8割は予想していた質問と同じようなものであったためスムーズな受け答えが出来ました。

また、どの企業でも時事ネタについては聞かれるため、ニュース、新聞を読み、その記事に対する自分なりの意見を持っておくと面接官に好印象を与えることが出来るかと思います。

以上が私の経験から考えられる第二新卒での就活のコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です