第二新卒では経験を活かすことが大事?スムーズに採用されるポイント。

第二新卒で就活をするにあたって大事なことは、これまでの経験を有効活用することです。

新卒とは違って、何らかの仕事を体験してきたはずです。

その経験を全面的にアピールしましょう。

例えば、大学を出て証券会社に就職をした人は、挫折して辞めてしまったとしても、一応、証券会社勤めの経験があります。

多少は証券に関する知識が身についているはずです。

もちろん、また同じように証券会社に勤めなくてはならないというわけではありません。

イヤで辞めたのなら、今度はやりたい仕事を探してみましょう。

ただし、ここで身につけた知識を活かすために、経済関係の仕事に就くことをお勧めします。

履歴書にも職歴を記載するため、面接時などになぜ前の会社を辞めたのか面接官に聞かれるはずです。

しかし、その知識を活かせる職場を探すことで、スムーズに採用されることもあるのです。

今後は銀行や貿易会社などを選択してみるといいかもしれません。

一方、全く別の職種を希望したいという人もいます。

この場合も、経験を活かせることがあります。

例えば、一般企業の営業職の経験があれば、飲食店の接客もできるかもしれません。

どちらも初めて会う人と対応することになるため、通じるものがあります。

面接時などにもその点をアピールしてみましょう。

もちろん、特技などもあれば、それを披露することも大切です。

少しの期間でも人脈ができることもあるため、辞めた会社でも上手に活用することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です