第二新卒での面接では前職の経験を大げさにポジティブに言うと良い?

転職活動でまず言えることは、とにかく早く動き始めることだと思います。

前職からのブランクが開けば開くほど不利になってくるので、とにかく早めに動き始めることをおすすめします。

もしすでにブランクがそれなりの長さになってしまっているのであれば、前職を辞めてからこれまでに何をしていたのかを具体的に説明できるだけのエピソードが必要になってきます。

例えば、目的があるのでこの資格を取りましたとか、前からしたいと思っていたことに取り組んでいたとか、何か行動を起こしていたという証と、そして何故それを行っていたのかという確かな理由が必要です。

特に何もしていませんでしたというのは一番まずいです。

もし本当に何もしていなかったとしても、現在目指していることであるとか、取る予定の資格であるとか、そういった内容のことが話せればまだいくらかはマシです。

しかし、言い訳がましく聞こえてしまうことは否めないでしょう。

もう一つ言えることは、前職での経験を応募先企業でどのように活かすことができるのかということを具体的に説明できる力が必要です。

第二新卒というくらいですから、前職での経験というのもたかが知れているかと思いますが、短い期間でも学べることというのはたくさんあると思います。

話せることが少なかったとしても、少しの業務経験をある程度ポジティブに脚色して話すことは効果的であると思います。

悪い言い方をすると、『盛って』話すということです。

繰り返しになりますが、とにかくいちばん重要なのは、とにかく早く動き始めることです。

ダラダラしているとあっという間に時間が過ぎてしまい、気がつけば身動きが取り辛い状況に陥ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です