第二新卒では辞めた理由をどう説明すると良い?若さは武器になる?

私は新卒として勤めていた会社を辞め、第二新卒として働いている女性です。

前職を辞めた理由は、簡単に言うといわゆるブラック企業だったからです。

実務経験がないまま辞めるということはかなり勇気のいることでしたし、辞めてどこにも雇ってもらえなかったらどうしようという思いはもちろんありました。

しかし、今となっては辞めて正解だったと思っています。

私は短期決戦でいこうと考えていたため、行動は早かったです。

まず、辞める前から転職サイトなどには登録をしておいて、ある程度目星は付けておきました。

私の場合、前職が土日休みの仕事で今回も土日休みの仕事希望であったため、平日にしか動くことができず、働きながら転職活動というのが不可能でした。

このような場合は辞めてから動くしかありませんが、そうではない場合は次の仕事を見つけてから辞めることをおすすめします。

また、第二新卒を積極的に募集している会社は、実務経験は重視していません。

私も当初はそこが不安だったのですが、若いということに自信を持ってください。

前職を辞めた理由をきちんと説明することができて、明るくハキハキとフレッシュさをアピールできれば問題ありません。

注意が必要な点としては、前職を辞めた理由をありのままに伝えるのは避けた方が無難です。

嘘を付く必要はないのですが、事実だけを淡々と並べてしまうと、会社の悪口のようになってしまいますので、次に繋げられるようなポジティブな理由を説明すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です