第二新卒は本音をぶつけるべき?私が内定をもらえた理由。

第二新卒で就活する人は、大きく分けて2つのパターンがあると思います。

1つ目は、会社に勤めながらの就活。

2つ目は、退職してからの就活。

私は前者の方法で第二新卒として採用されました。

働きながら第二新卒として就活するにはどうしたらいいかを述べたいと思います。

まず最初に私が行ったのは、マイナビ転職やリクナビ転職への登録です。

最近ではIndeedなどでも検索しやすくなりましたが、要はどのような企業が採用をしているのかを確認しておくことが必要です。

毎月のように求人を出している企業は、人手不足かブラック企業の確率が高いので、それを避けるために確認するのです。

そして、実際に入りたい企業が転職サイト内にあった場合、それからプロフィールをまとめて、企業にメッセージを送ればいいと思います。

実際に私はそのようにしてメッセージを送りました。

第二新卒の場合、内容がそこまでひどくなければ大体面接へ進めます。

今後は人手不足も顕著になっていくので、なおさら面接へは進めると思います。

そして多くの人が疑問に思うのが、この面接でどのように第二新卒として就活をしているかを伝えることです。

前の会社をなぜ辞めるのか、または辞めたのかというのは多くの企業が疑問に思うことです。

結論からいうと、本音をぶつけていいと思います。

残業が多かった、パワハラがひどかった、うつ病になった。

色々あるとは思いますが、本音をぶつければ面接官も逆に興味を持ってくれます。

ちなみに私は上記の3つが原因で第二新卒として就活をしたので、面接官に思い切って正直なことを言ったところ内定を頂きました。

その後に面接官を務めた人に「本音を言うやつだから取った」と言っていただいたので、この作戦は成功できたのかなと思っています。

本音でぶつかっていくこと。

これが第二新卒として必要なことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です