第二新卒で就活をしたSE・PG科専門卒の体験談。苦労しました。

私は、情報系のSE・PG科の専門学校を卒業しました。

上記の専門卒ですが、クラスの30人中8人ほどしか就職が決まらないという凄い就職氷河期にぶつかり、第2新卒という形で就活が始まりました。

契約社員(コールセンター)をしながらの就職活動になったのですが、まず最初に困難だと感じたのは、第2新卒というのは大体がバイトや契約などで仕事に就きながらという形になるというところです。

契約社員とはいってもやはり週5回働いていたので、もし面接などを確定させたとしたら、仕事をしながら企業観察などを行い、履歴書を書き、バイトの休みを貰って面接に行かないといけないのです。

さらに私は田舎での就職活動になったので、求人なども少ない中で競争率も中々あるので、その状況が2年ほど続き、なかなか就職する事ができませんでした。

ある日、契約社員の仕事も結構続いていていたところ、田舎住みである事と現在の仕事をしながら目指しているSE・PGになるのは凄く困難であるので、上京する事を決意しました。

ある程度お金も貯まっていたので、しばらくはそのまま就職活動が可能でした。

上京後はひたすらハローワークに通って履歴書を書き続け、さらに面接対策などを行いました、その結果、2ヶ月ほど経ったところでやっとSE・PGの仕事に内定する事ができました、今でもその職場で頑張っていて、上流の仕事を任せています。

今就職活動をしている方にアドバイスとしては、やはりお金をそこそこ貯めて一度就職活動に専念すべきという事です。

第2新卒就活というのは簡単ではないと感じた実体験でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です