第二新卒の面接で聞かれることは?他職種を目指すなら第二新卒がチャンス

私は男性でグラフィックデザイナーをしています。

24歳の時に第二新卒での転職で就職活動をしていました。

転職活動なので、勿論、正社員で就職をと考えていました。

まず、第二新卒の面接で聞かれることは、当たり前ですが、前の会社を短期間で何故辞めたのかという点です。

ここで、ネガティブ要素を伝えた企業については全てお断りをされました。

ポジティブ要素、私の場合はスキルアップとWEBデザイナーの要素もできる仕事をと面接の際には伝えていました。

また、その要素についても退職した企業では何故出来なかったのかも具体的に伝えられると良い印象を得られました。

一般的な転職になると、どうしても経歴から職種がある程度固定されてしまいますが、第二新卒の場合は即戦力ではなく、企業側からも育てようという意思が感じられる企業様が多く、他職種を考えている場合はオススメです。

転職サイトによっては第二新卒専用のページが設けられていたり、ハローワークでも第二新卒用の求人が掲載されていたりと求人も探しやすい環境になっています。

また、地域にもよりますが、若者の求職支援活動(合同説明会や緊急雇用事業など)もありますのでそちらを活用しても良いと思います。

1度、ハローワークで訪ねてみてるのも良いと思います。

私はそれらを活用し、いろいろスキルを身につけながら就職先を見つけました。

第二新卒の就職活動の場合は、色々な職種に目を向けて、再度、自分がしたい事などを考え直すチャンスだと私自身、活動を通して感じました。

転職をお考えの方は、今一度、自己分析をしてみてから活動をしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です