第二新卒の女性はライフスタイルの変化に応じた転職活動をしよう

新卒で入った会社を4年で退社しました。

転職はその1年前から視野に入れており、計2回の転職活動を経験しました。

1回目は入社3年目の頃。

軸としては「今までの経験を生かせること」と「キャリアアップが望める」という二点を掲げました。

中途採用なので、これまでの経験を生かして即戦力となる人材を求めるのは企業側として当たり前です。

同じ業界ではなくとも、考え方やシステムに対する理解などの側面からすぐに経験が生かせそうな業界を見ました。

また、転職するからにはキャリアアップとなる、あるいはそのパスが見える企業に行きたいとの希望も実現できる企業を探しました。

利用したサイトはDODAとリクルート転職の2つ。

どちらも担当の方と面談をし、希望に合うと思われる企業を複数紹介してもらいました。

その結果、2カ月の転職活動にて3年目ということもあり、第二新卒枠で外資系コンサルティング会社の内定をいただきました。

しかしながら、そのタイミングでライフスタイルが大きく変わったため、一旦転職を保留。

その後、再び状況が落ち着いたため転職活動を再開。

今回は軸を「自由に働ける会社」というものに変更しました。

今回は大手の求人サイトではなく、融通が利く会社がないかウェブ上で広く検索。

自分の経験とスキルを即戦力とみなしてくれる会社を探し、結果派遣社員という働き方を選びました。

女性はライフスタイルのめまぐるしい変化があり、転職活動もそれに左右されることが多いと思います。

大手のサイトを使うのも手ですが、企業単位で自分のライフスタイルに合う環境を見つけるのも一つの手だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です