転職で内定をもらうにはどんな思考が良い?早い決断は間違いじゃない

私は25歳の男性です。

現在はコンサルティング会社に勤めています。

私は北海道の大学に通っていて、その間に宅地建物取引士の資格を取得しました。

卒業後は資格を活かす為に不動産会社に入社すると同時に上京しました。

夢と希望を持って東京に出てきた私は、希望に満ち溢れていました。

しかし、現実はそう甘くはありませんでした。

上司からの怒鳴り声、異様な長時間労働、不動産業の悪しき習慣でもある囲い込みにおとり広告。

日に日に精神が擦り切れてくるのがわかり、「何の為に東京に来たのだろう…」と考える事が多くなりました。

このままではいけない!と思い立ち、新卒で入社した会社に4ヶ月目で辞める旨を伝えました。

退職の意向を伝えてから2ヶ月後に退職できるルールがあったので、この2ヶ月間で転職先を決めようと思っていました。

ここからが更に大変でした。

100社ほど応募しましたが、書類選考すら通過しないのです。

「何がダメなんだろうか」と冷静に考えていて、他責になっていました。

要するに「酷い会社に入った自分は被害者である。

私はまとな人間なので真面目に働かせてください」と履歴書に書いているようなものでした。

その会社を選択したのは自分ですし、設立30年ほど経っているので社会に価値を認められている何よりの証拠です。

それを一方的に退職したのは会社の責任である、との認識を持っていたので、思考を変えるように努めました。

その結果、現在の会社に拾っていただき、今は毎日楽しく仕事をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です