第二新卒での就活はポテンシャルが大事?新卒との差はどれくらい?

私は新卒で入社した会社を約3年で事情があって退社し、転職活動を行った経験があります。

その時の経験談をご紹介します。

まず第二新卒の転職難易度は一番低いと考えます。

理由はやはり若さです。

若いということは、吸収力もありますし、新卒を上手く採用できなかった会社にとっては新卒とほぼ同じ扱いで採用できるというメリットがあるからです。

では、会社側の人事部や部門の担当者は、何を期待して、何を見ているのでしょうか。

ずばり、経験は全くといって良いほど気にしていないと言い切れます。

そもそも社会人経験が浅いから第二新卒というのですから、経験を求めるということはある意味矛盾もします。

ということで、重視するのはポテンシャルです。

では、ポテンシャルとは何のポテンシャルでしょうか。

これは、頭が良いか否かも、もちろんその一つなのですが、加えて、その会社にマッチしているかというポテンシャルが一番大切と考える企業が多いです。

どんなに能力があっても、周囲と一緒に仕事を進める事が出来ない人間を採用するメリットはありません。

表現は難しいですが、生理的にマッチしているか、見た目が社風に合うかなど、努力ではカバーしにくい部分もチェックポイントになる部分なので、記憶に留めてもらえる良いです。

これからまだまだ社会人人生が続く第二新卒は、会社にとっては良い人材を獲得できる大きなチャンスなので、新卒採用同様最近は力を入れる企業が多いのが事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です