転職は準備をしておくべきことは?失敗を避けるためにするべきなのは?

正社員でも、パートタイマーでも、現在の仕事から転職を考える際や転職したときに、失敗してしまった…という経験がある方は多いはずです。

よくある原因は、今の仕事への不満から、新しい仕事へ勢いで変わってしまったことではないでしょうか。

転職先の待遇や業務内容、通勤手段など、仕事を続けるために必要な様々な条件を吟味した上で、今よりも自分に合っているかどうかを考えることが大切です。

例えば、少しくらい遠くても通勤できると思っていても、毎日のこととなると予想以上に体力や時間面でつらかったり、子どもがいれば家事や育児の時間配分の工夫もさらに必要になります。

給与面だけで選んでしまうと、このようなちょっとした不具合が積み重なり、転職したことを後悔してしまうことが出てくると思われます。

また、同業で転職する際に、経験者であることや自分の能力を過大評価してしまうことも、失敗の原因として挙げられます。

全職場では通用していた技術やノウハウが、新しい職場では全く通らないことはよくあります。

自分の業務能力を過信しすぎると、いざ仕事をする際にヘルプを求められない状況に陥ってしまい、業務に支障をきたしてしまう可能性があります。

上記の2つのことから自分に合った転職を見極めるには、自分自身を知ることと、仕事をする際に譲れない条件をきちんと持っておくことだと言えます。

自分にとって大事なポイントを把握し、行動に移せる準備を常にしておくことが、失敗しない転職への一歩ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です