第二新卒として転職するなら早く退職した方が良い?営業から開発へ。

28歳、男性。

現在は、製造メーカーに勤務しています。

大学を新卒で入社した先は、大手のソフトウエア関連の会社でした。

自分は、大学でソフト開発を勉強していたので、開発をやらせてもらえるはずでした。

入社した直後に、「間違ったなぁ」と思いました。

新入社員は、その会社の色々な職場を学ぶ必要があるという名目で、営業に回されました。

自分には全く営業の才能は無いので、失敗の繰り返しでした。

ただ、入社して3か月過ぎた頃からすでに別の会社への転職を考えていました。

いくつかの転職サイトに登録し、「第二新卒」として扱ってもらえる年齢だから転職なら早めの方が良いと言われました。

当時は23歳でしたので、確かに今考えてみると、あの時に転職していなかったら大変だったと思います。

転職サイトでは、「次の就職先は本当に失敗は許されない」という気合いで、慎重に会社をリサーチしました。

新卒の時より気合いを入れないと、本当に就職先が見つかりません。

ただ、自分のやりたい仕事、譲れない条件などは心の中で決まっているので、その点は決して譲らないと決めていました。

第二新卒として転職活動をした時の自分のこだわりは、「職種」です。

開発、またはシステムの知識を使える業種に勤めたいというのが希望でした。

逆に、給与や休日などはある程度妥協をせざるを得なかった感じです。

最終的に、選択肢が2つになりました。

1、一流企業で給料も高いが、業種が営業に近い。

2、会社の規模や知名度はさほどでもないが、開発に携われる。

どちらも製造メーカーです。

両方が、内々定になりました。

結局、2の開発の業務の方に就職しました。

現在もその製造メーカーの品質部門に所属しています。

販売する品をより良くするための製品開発を毎日しています。

早めに転職して本当に良かったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です