第二新卒での就活時には退職理由を明確に!介護職へ転職。

22歳、女性。

医療従事者から介護職へ転職しました。

私は、1年で勤務していた病院を辞めました。

そして、自分のしたかった介護業界へ転職しました。

第二新卒での転職活動で大変だったことは、面接官を納得させられる退職理由と志望理由を考えることでした。

私は1年で辞めてしまっていたので、会社としても「この人はまたすぐ辞めるんじゃないか」と受け止められてしまうので、そこを覆すだけの説得できる理由や目標を考えるのが難しかったです。

社会人経験も浅く、医療の業界での経験もそんなに積んでおらず、その中で、また新しい介護の世界に入るというところで、「どうして看護師をしていたのに1年で辞めたの?せっかくの資格がもったいないとは思いませんか?」と深く突いてくる面接官もいました。

そこを、ひるむことなく自信をもって返答できるかどうかで相手の受け取り方も変わりました。

会社としては、長く働いてくれる人材、会社の力になる人材を求めていますので、「何となく…」で就職されては困りますし、そのような人は採用しません。

なので、自分が転職する理由は何なのか、転職することで実現したいことは何か、その会社に就職したいのはなぜか、その会社で成し遂げたいことは何か、などを具体的に相手に説明できるようになるまで、整理しておく必要があります。

また、第二新卒というのは、新卒で入社したけれど職場が合わず転職する人や、卒業したけどフリーターをしていたなど、何かしらのブランクを抱えている人が多いと思います。

しかし、そのような過去も踏まえて、前向きに自分がやりたいことを目指して頑張っていきたいという姿勢を見せることが就活を成功させる秘訣だと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です