転職で失敗する人の2つの特徴。後悔しないために知っておくべきこと。

今の仕事に不満がある人は、他にいい条件の職場があれば転職したいなと思うことでしょう。

不満の原因は人それぞれで、給料に不満があったり、職場の人間関係に不満があったりといろいろです。

フリーペーパーなどで他の職場を調べて、ますます転職したくなる人もいるでしょう。

転職に失敗する人は、フリーペーパーなどに載っている情報のみを信じてしまう人が多いです。

給料が高くて休みが多い、などと書かれていると、そのまま信じてしまうのです。

慎重な人は、その給料は歩合制ではないのか、必ず貰えるものなのか、などをきちんと確認しようとします。

また、休みが多いといっても、丸1日休みなのではなく、実態は午前だけ休みとか午後だけ休みで、それらを合わせると月に○日休み、ということもあります。

それらを確認せずに転職してしまうと、今の職場よりも給料は下がってしまうし休みも取りづらくなってしまった、ということにもなりかねません。

また、人間関係に不満があって転職する人もいますが、他に給料などに不満がないのなら、それで転職するのはもったいないと言えます。

なぜなら、職場の人事は動くことがあるからです。

転勤で嫌いな上司や同僚が異動するということも十分に考えられます。

辞めてしまうこともあるかもしれません。

安易に転職してしまうと、その後に嫌いな上司などが移動になったと知って後悔してしまうこともあります。

また、新たな職場でも嫌な人はいるものです。

人間関係の不満で辞めてしまう人は、あまり先の事を考えずに行動してしまう人が多いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です