面接で前職の不満は厳禁。第二新卒就活での失敗談です。

私は現在24歳で大学卒業をして、すぐに働き始めたので、社会人3年目です。

大学時代、公務員を目指しており、公務員講座を受け、勉強に励んでいましたが、公務員試験に落ちてしまい、大学卒業をしても公務員の勉強をするというのが、少し嫌になり、歯科医院の受付で正社員として、働き始めました。

やはり、普通に就職活動をして、企業に勤めた方がもちろん給料もいいですし、憧れはありましたが、就職活動を始めた頃には、いい企業は、募集していなかった為、しぶしぶ歯科医院の受付として働いていました。

そんな私が、続くわけもなく、早めに転職活動をし、第二新卒として募集している企業の事務などを探し始めました。

転職活動は合計で4社受けました。

働きながら、転職活動を始めて、合間に面接などを挟んでいました。

1社目では、やはり前職の歯科医院の受付とは全く別の職種で、経験も資格もなかったため、落ちてしまいました。

2社目は、受かったのですが、面接行った時に営業もやらないといけないなど、ギャップがあったため、断りました。

3社目は、今までとは違い、ウェルカムな感じで和やかに会話をしていました。

そこで、前職の嫌なところをぶっちゃけて教えてと言われ不満なども話しました。

ぶっちゃけて話していて、和やかだったので完全に受かると思っていましたが、やはりそれが原因で落とされました。

4社目では、また和やかムードになり、前職の話をされた所で、前職での経験はとても勉強になり、それを活かしたいと言い、4社目でやっと内定をもらいました。

前職の嫌なところをいうのは、厳禁だと自分の経験上ですが、思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です