第二新卒での就職は悲観する必要はないので積極的にいこう

第二新卒だからと言って不利になるわけではありません。

一番大切なのは第二新卒としての期間をどう過ごしたかです。

ただぼーっと毎日過ごしたという人は少ないと思います。

学校を卒業してからアルバイトをした事がある人がほとんどです。

どんなアルバイトであっても何かを学ぶハズです。

その学んだスキルを企業は人物本位として判断しようとしてます。

第二新卒の人は、一度自分を振り返ってみて下さい。

振り返ると自分のスキルがわかると思います。

第二新卒の人は、いわゆる思うような就職が無くて悔しい思いをした人が多いです。

その悔しさは、後の糧となります。

その糧をどのように活かすかというスキルは新卒で採用された人より高いと思います。

また人生すんなりとスムーズに行ってる人より苦労した人の方が様々な難題のクリアする切り返しの方法を学んでます。

この不況の最中ですので企業にとって必要なのは学歴でもなく年齢でもありません。

企業にとってどんれだけ業績を伸ばす事のできる人材かを判断基準にします。

苦労した数が多い人ほど難題をクリアできるスキルの高さから採用されるケースも多いです。

韓国の大手企業が日本のリストラされた中高年を積極的に採用して世界で指折りの企業に成長したケースもあります。

第二新卒には企業の業績を伸ばす力がある人が多いですので自分に自信を持って第二新卒だからと言って悲観する事無く積極的に就職活動をすると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です