日本語教師の求人を探して第二新卒転職をした体験談

私が選んだ第二就職先は、日本語教師です。

昨年仕事を退職し、海外で生活する上で日本に興味をもってくれる方が多く、自分も日本語教師で海外の方や留学生に興味を持って頂きたかったのがきっかけです。

その中で資格が必要との事だったので東京の日本語教師養成学科に通い、半年後に本格的に就職活動を始めました。

私の職歴扱いは第二新卒扱いなので比較的有利になる点もありましたがそうではない点も御座いました。

そちらを踏まえて説明します。

メリット・・・ハローワークでの仕事探しが意外と容易(日本語教師意外も含めて)履歴書で戸惑う点が少ない

デメリット・・・特別な専門職だと案外第二新卒は意外と関係ない

このような点がメリット・デメリットです。

日本語教師養成学科卒業後、すぐに就職活動を始めましたが実際そんなに容易にきまる事も無く、途方にくれてはいましたが、ハローワークや自分がまだ20代という事もあり、相談にも気軽に優しくのってくれたのは個人的には嬉しかったです。

しかし求人先(例えば給料が高い場所)などに応募しようとしたときに新卒なら未経験OKという所も多かった様に感じましたし、更には意外と第二新卒というカテゴリーが少なかった様にも感じました。

なので各個人が一度しか退職もしていないし、3年未満だからといって容易に仕事が見つかるかと言えばそうではなく、この就職といったものに限定すると第二新卒はまだまだ需要が少ないように感じとれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です