新卒入社から2年目で異業種へ転職!面接までが長かった

大学を卒業し新卒で入社した会社は、大手製造業の営業職でした。

当時は大手であれば安定しているという安心感で入社をしましたが、製造業は経済の影響を大きく受けるため、ボーナスや昇級が非常に少ないことを体感しました。

男性である私にとっては将来を考えると、日系企業で着々と昇進していくのも良いかと感じましたが、思い切って入社2年目に、本当に自分がやりたい仕事を求めて第二新卒での転職を決意しました。

もともとファッションに興味があり、ファッション関連の仕事をしたかったため、外資系のファッションブランドへ応募してみました。

最初は未経験で、かつ販売の経験すらない私と面接をしてくれる企業は無く、ただひらすら15社程応募しました。

そこで一社だけ面接をしたいと言ってくれた企業が現れ、すぐに面接をしてくれ、無事合格出来ました。

まずは販売から経験して欲しいと伝えられ、私としてはファッション業界で働けるならどんな職種でも構いませんでした。

異業種の転職のため給与面は下がる事を覚悟していましたが、前職よりもアップし、かつ休日日数も増え好条件の転職となりました。

面接では、異業種の転職だがとにかくファッションが好きで、この世界でキャリアを積みたいとプレゼンテーションしたのが効果的だったのかもしれません。

第二新卒だからこそまだ異業種へ挑戦出来る若さと勢いがあります。

やりたい仕事があれば、異業種でも第二新卒として飛び込んでみてよかったと今は感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です