第二新卒の求職では逆に大手が狙い目!

第二新卒の求人を探す時には新卒で入社した会社で培ったスキルを考慮して探してしまいがちになると思います。

もちろん、今までのスキルを活かせるにこしたことがありませんが、新卒の入社から3年以内で身につけられるスキルと言ってもたかが知れてます。

3年以上も同じ業務をこなしてきた中途採用と並列に考えてしまうのは少しもったいないと思います。

そこで、ポテンシャルを最大限発揮しようと思うのであれば、大手企業への応募をオススメします。

既に大手企業に入っている方の第二新卒であれば話は別ですが、新卒入社時よりも第二新卒の方が大手企業の採用率は高い印象です。

というのも、第二新卒はスキルとポテンシャルの両軸で判断されるため強みをアピールできる選択肢が増えるからです。

新卒だとポテンシャルのみ、中途はほとんどの場合スキル重視になる中で第二新卒はスキル・ポテンシャルの両軸で判断されるため、応募者にとって非常に有効に働きます。

更に、何故大手かと言うと大手企業は大量に新卒を雇い、離職も考慮したうえで人事計画を立てていくため、離職が思ったよりも多かった場合など第二新卒採用を積極的におこなっていき、人員計画を担保する傾向があります。

その点、中小企業は大きなコストをかけた新卒が離職してしまった場合には更に教育コストが大きくかかる第二新卒を採用するというよりも即戦力としてスキルありきの中途採用に向かう傾向があるため、採用確率も大手企業の方が高くなります。

候補者が優位な状況かつ、採用確率が高いということで、新卒で不採用となった大手企業などを第二新卒の活動として検討してみることはとてもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です