第二新卒就活が厳しいと言われる理由と失敗しやすい人の特徴

そもそも第二新卒というのは、3年ほどの経験しかないわけです。

社会人三年目というのはようやく仕事を覚えて半人前くらいになったばかり。

そこで転職を考える理由は様々だと思いますが、失敗するパターンの人の多くは特にブラック企業に勤めているわけでもないのに、仕事がつまらない。

会社と合わない。

自分にはもっとふさわしい会社がある。

などといった理由で退職する人が多いです。

しかしながら、大学を卒業して新卒で採用された企業以上の会社に採用されるのは、実際には厳しいのです。

条件だけにつられて転職してしまう人は、たいていブラック企業と知らずに入社してしまい、こんなはずじゃ無かったということになります。

よっぽどの資格やスキルを持っていない限り、最初の会社より上の会社に就職するのは難しいです。

何故なら3年程度の社会人経験では、一流企業が求めるスキルを得ることなどできないからです。

5年10年我慢して、1つの案件を1人で任されるようになって初めて、一人前と言えるのですから、第二新卒を募集するような会社というのは、常に辞める人が多いため欠員があるようなブラック企業が多いのです。

そのような会社に入ってしまうと、またこんなはずじゃ無かったの繰り返しで、無駄に転職歴が増えるものの何のスキルも身に付かないといったことになりかねません。

自分にはもっとふさわしい会社があるとか、自分はこんなところで終わる人間じゃないという考えは大きな勘違いです。

それなら新卒の時に採用されていたはずですから。

今いるところが、いるべくしているところだと思えない人は、失敗する確率が高い人だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です