転職の求人情報を探す方法2つとそれぞれのメリットについて

求人情報の探し方は様々ありますが、今回は二つに絞ってお伝えします。

一つ目は「転職サイトを見る」です。

自分が探している雇用形態に応じて、どのサイトが良いか変わってきますが、転職であればリクナビNEXT、アルバイトであればフロムエー、派遣であればエン派遣など、メジャーサイトがいくつかありますので、ぜひ二つ三つ登録してみてください。

サイトで探す際は、職種で絞ったり、譲れない条件で絞ったり、自分の希望に沿うように検索をしてみましょう。

もう一つは「人材紹介(エージェント)に登録をする」です。

各エージェントによって登録方法は多少違いますが、大体は対面や電話、Skypeでキャリアアドバイザーと面談し、希望の求人を紹介してもらうという流れになります。

エージェントには、世間にオープンになっていない非公開求人が多数ありますので、ハイスペック求人などを求めている方は人材紹介の方がより自分のやりたかった仕事に巡り合える可能性が高いかと思います。

直接応募との大きな違いは、キャリアアドバイザーが企業との間に入ってくれることで、いろいろな場面でプラスに働くことが多いということです。

一例ですが、面接のフィードバックがもらえ、不採用だった場合でも次に活かせるようなアドバイスがもらえたり、実際に内定になった際には年収の交渉をしてもらえたりと、二人三脚で転職活動をしているような安心感があります。

自分がどんな風に転職活動を進めたいかによってマッチする方法は変わりますので、ぜひご自身に最適な方法を選んで活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です