転職するなら6月が狙い目?それってどうして?

4月に入ると新入社員も入って来ますよね。

5月になると五月病を発症し、6月くらいには求人誌の情報やハローワークの求人が増えてくる時期です。

正社員ではなかなか入れない企業でも6月には辞めた新入社員の空いた穴を埋めようと新しい人を採用するのだとか。

正社員やパート、派遣など決まりやすい時期といえます。

探し方としてはハローワークや求人情報誌、インターネット、イベントが主流だとは思います。

真面目な顔で、さあすぐに転職しようか?

とか言っても説得力はありません。

今の職場がパワハラやセクハラ、いじめがあって改善の見込みがないと感じたらそれは転職の合図なんですけどね。

なんとなくで進めるなら転職はオススメしませんが、決意が固いならやってみるといいでしょう。

転職については資格がいるかどうか、モチベーションが上がるかどうか。

休みや給料、各種保険などの福利厚生も見てください。

採用率を上げるなら、経験者を優遇するところや長く働ける、欠席が少ないことがアピールポイントになるでしょう。

探し方としては、自宅から通える範囲か。

待遇面は自分にとってみていいと思えるか。

大企業でもある日突然なくなることもあるので、中小企業も視野に入れて見てください。

求人が増える時期に探したいのなら短期の季節バイトをしがてらスキルを磨いてじっと機会を待つ手もあります。

いいものを見つけたら行動ですが、しばらくモチベーションが上がらないなら機会を待って行動してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です