第二新卒面接のコツ!失敗しないために気を付けたいこと3つ

第二新卒とは、一般的に大学卒業後、いわゆる新卒として就職したものの、3年以内程度という比較的短期間で退職した後、再度就職活動をしている方をいいます。

今回は、この第二新卒で失敗しがちな方の特徴をご紹介します。

1.前職を退職した理由が浅い。

単に「前職が嫌になった」とか、「社内の環境になじめなかった」というだけでは、退職の理由としては浅く、面接時に問われたときにも曖昧な返事になってしまうでしょう。

職場が嫌になったりなじめなかったりということはあるでしょうが、いまひとつ説得力のある退職理由が欲しいところです。

2.前職を退職した後の目標がない。

就職面接では必ず聞かれるであろう「なぜこの企業を選んだか?」。

という質問。

再就職時の目標がなければ、当然この質問には満足に答えることができません。

退職理由とセットでよく考えておくといいでしょう。

3.前職での経験を生かしたアピールができない。

いくら前職が嫌になったり合わなかったりということがあっても、何の経験もないし、何も学ばなかった、ということはないはずです。

数年とはいえ、前職での経験や学びはあなたにとって貴重な財産です。

今後、再就職した時にそれを生かせるようなアピールの仕方をしたいものです。

いかがでしょうか。

やはり第二新卒の方が重視されるのは「なぜ前職を退職したか」と、「今後の目標は何か」というのがメインでしょう。

従って、もしこれから退職して第二新卒としての就職を考えているのであれば、早めにこの2点について意識しておくようにすることが、その後スムーズに就職活動を進めるカギと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です