バイトと派遣からの正社員就職に29歳で成功した私の転職術

アルバイトや派遣社員で転職を何度も繰り返し、30歳を目前に29歳で初めて正社員として就職しました。

職歴はレストランのホール接客、居酒屋のキッチン、IT企業の経理事務、アパレル会社の事務など、一貫性のないもので、採用に至るまで苦労しましたが、なんとか不動産会社の一般事務に正社員として採用されました。

私は主にハローワークを利用し、1人で行き詰まった時には、行政の運営する就労相談所で相談員さんに書類の見直しをしてもらったり、面接の練習をしたりしました。

新卒の方と比べて10年近い遅れをとっているので、もちろん簡単にはいきませんでした。

何十通も書類を送り、面接にこじつけても、やはり年齢や転職が多い事は指摘されました。

過ぎた時間を悔いても仕方ないので、転職経験をプラスに捉えて、自信を持って面接に臨みました。

もちろん嘘はダメです。

嘘をついて採用されたところで、後々必ずバレますし、最悪の場合、採用取消なんて事にもなりかねず、企業様側にも迷惑をかけてしまいます。

物ごとは表裏一体、悪い面と捉えがちな事も裏返せば良い事に変わるので、見方を変えました。

転職が多い事に関しては、いくつもの会社のやり方を見てきた事で視野が広がり、様々な職種を経験した事で視点が増えます。

レストランでの経験も不動産会社の一般事務に一つも役に立たない訳ではありません。

むしろ、お客様が快適に過ごせる様に考え勤めた経験は自然と身について、事務仕事でも、同僚、協力会社の方と円滑に仕事を進める事にも役立ち、お客様と接する時にも活かされます。

色々な武器を持っていると考えれば良いのだと思います。

色々な武器と言っても、自信を持ち過ぎてそれをひけらかす事のない様に謙虚な姿勢も必須です。

礼儀正しく堂々と謙虚に!緊張し過ぎる時はこちが見極めてやるぐらいの気持ちで行きました。

志望者は星の数ほどいるけれど、企業も山ほどあるので、不採用でも自分がダメなわけでなく、自分とその企業様は縁がなかったのだと思うぐらいで、自分に自信を持って臨む事が大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です