第二新卒の面接で聞かれることは?新卒とは違う志で就職活動を!

第二新卒ということであれば、面接時に必ずと言っていいほど前の会社の仕事内容や退職理由を聞かれます。

特に勤務年数が短い場合や年度途中で退職した場合、退職理由を説明できなければアウトです。

また、退職後に就職活動を始めた場合は、なぜそのようにしたのか、無職の間に何をしていたのかということも聞かれますので答えの準備はしておいたほうが良いです。

違う業界に転職する場合もそれ相応の理由を説明できないと一貫性がないと思われ、良くない印象だけが残ってしまいます。

また、新卒のようにいろいろな企業に応募していたり、ありきたりな回答を用意していたのではその程度かと思われてしまいます。

目標は絞って、その企業に絶対に入りたいという意志を面接官に伝えると良いです。

入りたい企業を探すのか、入れる企業を探すのかも自身でよく考えると良いです。

第二新卒の強みは以前の業績や取得した資格についてアピールすることができるところです。

しかし、それが今の会社に必要なものであれば有力者と見てもらえるのですが、無関係のものであればどんなにアピールをしたところで無駄になってしまいます。

その場合、資格内容についてではなく、向上心があるところをうまくアピールできると好印象になります。

第二新卒であればそれなりに高いスーツなどを着ているでしょうが、面接でおしゃれをする必要はありません。

身だしなみを整えて、新卒と同じように初心を忘れずに就職活動をするといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です